最近の耐震業務

 
     

       例1 PCアウトフレーム工法                      例2 制震工法 

 

平成23年3月11日の東日本大震災のあと同年4月から東京都で基幹道路(特定緊急輸送道路)に
する民間建築物に対して、助成金事業として「特定沿道建築物」耐震化事業が開始されました。
 
当事務所は平成7年の阪神淡路大震災後から、URを初め官庁の耐震設計に係わってまいりま
が、現在、非木造建築物耐震業務については、JASO(NPO法人耐震総合安全機構)に所属して、
耐震AD(アドバイザー)業務、耐震精密診断〜耐震補強設計〜耐震改修工事監理を行っています。
大地震に際し耐震安全性を建築・構造・設備に亘って総合的に捉えながら、耐震事業に関する
最新の情報を得ながら業務を行っています。
 
■非木造建築物耐震業務実績(平成28年末)
 ・耐震アドバイザー業務 :約70件
 ・耐震精密診断コーディネーター: 約12件
  ・耐震補強設計: 6
    ・耐震改修工事監理: 3
 
 
(有)楠建築設計事務所
TEL 03-6411-6097
FAX 03-6411-6098
Eメールアドレスshiraishi-kusu@tbz.t-com.ne.jp
   

 

inserted by FC2 system